フジイの今シーズンイチオシDENIM

 

こんにちは、フジイです。

GWが過ぎいつもの日常に戻りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
日中は20℃を超える日が増えてまいりましたね。
気温が上がってきたので夏がすぐそこまで近づいていることを感じつつも
その前に訪れるのは5月末~6,7月にかけての梅雨。
気温が高いうえに湿度も高くなる、あのじめじめした気候は正直あまり好きではないです、、
しかし梅雨は恵みの雨ともいうらしく、農作物にとってはすごく重要な時期だそうです。
さらに梅雨というのは東アジア特有の気象現象でもあるので、
せっかくならそんな梅雨の時期を楽しみたいものです。
そこで私は6月がもっとも旬で、私自身大好きな「梅」を使って梅酒づくりでもやってみようかと考えてます。
主に梅系のお菓子が好きですが、梅酒も好きなので。笑
梅に含まれるクエン酸が夏バテ対策にもなりますし、一石二鳥かもしれません。
家庭でも結構手軽にできるみたいで、梅酒づくりしてる方いれば是非教えて下さい。

 

余談はさておき、そんな梅雨時期~これからの夏場にかけて
快適に穿けるおすすめのデニムを「KIJI」からご紹介。

私自身デニムが好きで特に今回ご紹介するKIJIのデニムは
穿く度に柔らかくなっていってくれるので、
気付けば手に取って穿いてますし、気付けば6本も所持してしまっているほど。笑
そんなフジイが愛用する「KIJI」から2022SS新素材でデニムが展開。

 

その名も”COTTON HEMP DENIM(コットンヘンプデニム)”。

 

今までは、適度な光沢を備えた定番の”COTTON TENCEL DENIM(コットンテンセルデニム)”のみでしたが、
今シーズン新たにヴィンテージライクでドライタッチのコットンヘンプ素材が登場。
毛羽を残した古き良き時代の素材感でありながら、履き心地は柔らかい。
シルエットも現代的にアップデートされており、2型の展開があります。

 

まずは、サイドにアジャスターを付けた”MATSU”。
リーバイス501の66年代モデルをベースに、
ウエストのアジャスターでベルトをせずにゆったりと履けるワイドシルエット。
いつものサイジングよりもサイズアップし、ウエストを絞った着こなしがお勧め。

 

 

もう一つは、センタープレスの入った”HINOKI”。
リーバイス605をベースに、
スラックスライクにアレンジされたセンタープレス入りの細めのシルエット。

 

 

皆様はどちらのシルエットがお好みでしょうか?
どちらも魅力的なシルエットなので是非とも穿き比べて頂きたいです。

 

 

シルエットの次は生地のお話。
経糸に限界まで撚ったコットン、緯糸にコットンヘンプの糸を合わせて織り上げております。
ドライタッチな素材感が特徴で、ナチュラルなコットンヘンプの毛羽を生かすために
あえて毛焼き加工を施さずアンティークな印象へと仕上げられております。

※毛焼き(けやき)とは・・・糸あるいは織物の表面に発生した毛羽を焼いて取り除き、
その表面を平滑に、また織組織を鮮明にする目的で行われる加工法のこと。

この毛焼き加工を施していないため、生地の表面は新品の状態から毛羽立っております。
これがコットンヘンプデニムの特徴でもあり魅力の一つ。
テンセルデニム同様に穿く度に柔らかくなっていくのは変わらないみたいです。

 

 

生地自体の厚みは分厚すぎず薄すぎずの良い具合の生地厚。
触った感覚ですが、おそらく10オンスぐらいですかね。
透かしてみると若干透け感があり、通気性も良さそうです。

 

 

生地の端がほつれない様に施される、耳と呼ばれる部分ですがこの2型では仕様が異なります。
上がMATSU、下がHINOKI。
HINOKIの耳は、よりスラックスっぽさを表現するためにあえて耳なしにしているそうです。

 

 

フロントボタンにはお馴染みの「KIJI」という文字が刻印されておりますが、
あと二つ文字が刻印されてますよね?
MATERIALは材料で、PHEASANTという文字の意味は
英語でいう「キジ」なのです。
ブランドネームを言葉を変えて二つも盛り込むあたり、
KIJIのデザイナーである中出さんの遊び心なのかなと思いました。

また、リベットや縫製の糸はゴールドのようなオレンジのようなお色で
随所にこだわりが詰まっているアイテムです。

 

 

ブランドタグも今シーズンから変わっております。
上が旧タグ、下が新タグ。
今までのタグも好きでしたが、新タグも素材感がどことなくKIJIっぽくて気に入ってます。

 

もちろん今シーズンもメンズ・レディースともに取り扱いあります。
KIJIのデニムは男女問わずおすすめしたいアイテムです。
2022SS新たなKIJIのデニム生地、是非チェックしてみて下さい!

 

MATSU #INDIGO

HINOKI #INDIGO

 

・KIJI | キジ オンラインショップページ

 

 


 

 

Diffusion | ディフュージョン
〒510-0885 三重県四日市市日永5丁目12-16 HIGANA
(最寄り駅:JR関西本線-南四日市駅より徒歩10分 近鉄内部線-泊駅より徒歩5分)
営業時間 [12:00-20:00] 定休日 [火・水曜 ※祝日は営業]
TEL:059-349-6814
E-mail:shop@diffusion.jp

 

[ オンラインショップ : https://shop.diffusion.jp/ ]
[ インスタグラム : https://www.instagram.com/diffusion_mie/ ]
[ フェイスブック : https://www.facebook.com/Diffusion.nest ]

 

 

 

Avatar photo
三重県出身。 アパレル歴4年。 大好物は梅干し。
先頭に戻る