ANATOMICA|RUSSIAN MILITARY DOWN JACKET #BLACK

ANATOMICA|RUSSIAN MILITARY DOWN JACKET #BLACK

□Rocky Mountain Featherbed
1960年代後半、Rocky Mountain Featherbed(以下RMFB)は、
アメリカ・ワイオミング州(俗称カウボーイ・ステイツ)のジャクソンホールで産声を上げる。
ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、
継ぎ目の無い一枚革を使ったウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェアが完成。
それが、羽毛布団(FEATHERBED)のような防寒性、保温性を保証するダウンベストだ。
NOLS(ナショナル・アウトドアー・リーダーシップ・スクール)を卒業した創業者は
その経験とサバイバルスキルを生かし、
1974年当時最高のハイテク素材であったGORE TEX®素材をいち早く採用。
一枚革ヨーク仕様のマウンテンパーカを完成させた。
さらなる飛躍を遂げるかに思われたが、残念ながら1980年代後半にブランドは消滅してしまう。
同じ頃、一人の日本人がRMFBの収集を始める。
そして20年という歳月を経て研究と試作を重ね、
オリジナルをも超えるリプロダクツが完成したのは2005年秋。
現在、私たちサーティーファイブサマーズ社は、
一枚断ちのレザーヨーク、天然ムートンを使用した襟など、確かな価値を受け継ぎつつ、
さらに“現代”というエッセンスを加え、他に類を見ない贅沢な製品を生み出しています。
そして今なお、世代を超えて世界中の人々を魅了し続けています。
袖を通した瞬間、さらなる永遠の価値を身に付ける喜びをより多くの人に伝えるために。

□PRODUCT DETAIL
ANATOMICA TOKYOが開店6周年を記念して、RMFBとのコラボレーションで誕生した、RUSSIAN MILITARY DOWN JACKET。オールドロシア軍にジャケットのライナーとして支給されていたプロダクトを元に、化繊の中綿からRMFB自慢のダウンへと進化させ、フィッティングを再構築して製作。表地にはオールド感のあるポリエステルコットン高密度タフタを使用。レギュラー糸、フルダル糸と光沢感の違う糸を使い分け、風合いの柔らかさとダウン抜け防止の基準を両立させる為に導き出した打込み本数で織り上げることにより完成した機能素材です。ダウンには860FPのポーランドホワイトグースを使用。高品質ダウン数値が700FP以上のなか、更に高い860FPを使用した事で、非常に軽くも暖かく保温性に優れています。また撥水加工を施した事で、ダウンの弱点でもある水濡れによる保温性の低下を防いでくれます。裏地には程良い厚みで袖通りの滑らかな50デニールナイロンを使用。襟は防寒性を高めたスタンドカラー仕様、フロントは風の進入を防ぐアシンメトリーの前立て、左右の腰回りにパッチポケットを設けています。バックにはシルエットを調整する為の尾錠がデザイン。袖先にアジャスターボタンを配している為、袖幅の調節が可能です。身頃裏の左側に内ポケットを1箇所設けています。着用した際のシルエットはロシア軍で採用されていたプロダクトをベースとし、肩周りや身幅、袖幅に適度なゆとりを持たせ、フィッティングのバランスを調整したエレガントな印象のリラックスシルエットに仕上がっています

□SIZE SPEC
【S】身幅53.0cm 胴幅51.0cm 裾幅51.0cm 着丈69.0cm 肩幅44.0cm 袖丈61.0cm
【M】身幅55.0cm 胴幅53.0cm 裾幅53.0cm 着丈71.0cm 肩幅46.0cm 袖丈63.0cm
【L】身幅57.0cm 胴幅55.0cm 裾幅55.0cm 着丈73.0cm 肩幅48.0cm 袖丈65.0cm

※モデルは171cm、58kgでsize:Sを着用

□QUALITY
SHELLL : POLYESTER80% COTTIN20%
LININGL : NYLON100%
INSULATIONL : DOWN90% FEATHER10%

□PRODUCT CODE
530-522-31

 

 

>> ANATOMICA 通販

>> ANATOMICA 入荷情報

>> ANATOMICA ブランド紹介