marka流ecwcsとビッグなあいつ

皆様こんにちは。
菊地です。
ブログに登場するのは数か月ぶりでしょうか。

夏のセールが終わり、いよいよAWが本格始動。当店はまだ入荷が少ないかもしれませんが、系列店の着楽ではじゃんじゃん新作のデリバリーがあり、日がなビルにお見えになるお客様の秋冬に向けた気分の高まりをひしひしと感じております。私も何を買おうかなと入荷の予定を見ながら頭を悩ませているところ……

さて、今回はこれから少し寒くなる。そんなタイミングに丁度良く着ていただけるアイテムがmarka/MARKAWAREより入荷したので紹介していこうと思います。


marka
ECWCS JACKET

ミリタリーのアイテムをサンプリングしたアイテムはたくさんのブランドが作っていますよね。markaも例にはもれず毎シーズン何かしらのアイテムがでていますが、今回はecwcsのゴアテックスパーカーをサンプリングしたブルゾンが登場。ミリタリー物は同じアイテムでも時期によって微妙にディテールが変わっていることがあるのですが、今回のはおそらくgen2と言われるやつでしょうか。ポケットの形で判断できそうです。

ECWCS・・・「Extended Cold Weather Clothing System」のことで、日本語では拡張式寒冷地被服システム。これは1980年代にアメリカ軍で開発され、気候や気温に応じてウエアを7段階にレベル分けし、それらの組み合わせでいろいろな環境に対応するという仕組み。んん、なんだか聞いたことあるような、ないような。気候と気温に応じて適切な重ね着をして乗り切る考え方。これはアウトドアウエアにおけるレイヤリングと同じ。というよりもアウトドアウエアに着想を得ているらしいです。当店の系列店にモデラートというアウトドアショップがあるのでなんだかそういう考え方は身近に感じてしまいました。

さてディテール


襟は高めでフードが収納されています。この手のアイテムはフードがあるないで好みが分かれると思っていますが、皆様はどうでしょう?僕はフードが付いている方が好きなので着用するときはフードを出した状態にしたいですね。

ポケットはフロントに二つ、サイドにスラッシュポケット。手を突っ込めるのはありがたい!袖にはユーティリティポケットと言われるペンや、タバコを入れるためのポケットが。ミリタリー物によくある仕様でこの辺りも再現。デザインとしてみた時もアクセントになりますね。あとは内側に2つ、これが両側にあるのでで4つ。収納力は申し分なし。

裾にはドローコード、袖にはベルクロとサイジングの調整は結構できますね。ドローコードをしぼ丸みを出したり、寒いときはベルクロを使ってみたりと、スタイルや気候に合わせての変化をお楽しみいただけるかと。

そして生地。marka/MARKAWAREといえばサステイナビリティー。当然こちらもリサイクルナイロンタッサーを使用しています。タテ糸よりも太いヨコ糸を用いることで、ヨコ方向にわずかに畝が出ている平組織で、光沢の無いマットな表情、細かなシボ感が特徴です。環境配慮型フッ素フリーの撥水加工も施してるため多少の悪天候には耐えられます。

最後にスタイリング  ※169cm アウターはsize1

#BLACK
pants|DOUBLE PLEATED TROUSERS|size1|MARKAWARE 
shoes|CAMDEN|HARROGATE 

#OLIVE
tops|BAND COLLAR SHIRT|size1|Ets.MATERIAUX 
pants|NEW CARGO PANTS|size2|MARKAWARE 
shoes|CAMDEN|HARROGATE 

ミリタリーの実物はサイジングがかなり大きく、着にくいものもあるのですが、各ブランドさんが作るものは日本人向けに作り直しているのでいい塩梅ではまりますね。袖と着丈がいい感じです。肩はラグランで着用者の体形に合わせて落ちてくれます。また、ジップがダブルなのでインナーを見せて着るのもよさそう。

MARKAWARE
HUGE SWEAT

こちらは定番のスウェット。去年もこちらについてブログを書かせていただきましたが、改めてご紹介いたしましょう。【huge-巨大な、莫大な、大きいetc……】このhugeの名を冠するようにとてつもない大きさのスウェットです。スウェットをジャストなサイジングで着たい人はあまりいないのではないでしょうか。やはりゆったり着たい、大きめに着たいという方が未だ多そうな昨今のファッション情勢。そのスケールを遥かに大きく上回るようなスウェットをMARKAWAREは作っています。今回はカラーバリエーションが豊富に出ておりましたが、当店は #DARK GREEN、 #OLIVE DRAB、#BLACKをセレクト。5色展開のうち3色になります。気になっていたあの色はもしかするとうちにはないかもしれませんが、どれも良い色なのでぜひ見てもらいたいです!

次は生地にいきましょう。


生地にはMARKAWAREオリジナルのオーガニックコットン ヘビーフリースを使っています。一般的なスウェットは表糸、中糸、裏糸と呼ばれる3つの異なる糸で構成されていますが、この生地ではそのすべてに同じオーガニック・ピマコットンのコンパクトヤーンを使用。30番手の双糸にすることで、生地のねじれが抑えられ、ピリング(毛玉)も起こりにくく、光沢感が長持ちするのが特徴。このくらいの番手だと生地感は固くなってしまいますが、貴重な日本の旧式吊り編み機を使っているためしっかりふくらんだシルエットをキープします。硬くて柔らかいというと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、なんとも不思議な感じなのです。

※番手 糸の太さに関する数字。大きいほど糸は細くなり、生地がやわらかく薄くなるため、風合いや肌ざわりのいい生地ができます。一方小さいものは、透けにくい、丈夫といった魅力があります。

着用size1 靴は私物とHARROGATE

#DARK GREEN
pants|PEGTOP TROUSERS|size2|MARKAWARE 

 

#OLIVE DRAB
pants|DOUBLE PLEATED TROUSERS|size1|MARKAWARE 

 

#BLACK
pants|1TUCK CREASE JEANS|size1|marka 

ネックラインと袖先、裾ニットリブ。アームホールは大きく丸みが出やすい形状。全体的にとにかく大きいのですが、着丈でバランスをとっています。長すぎず、短すぎず。前後の長さも違いますので変にダボついて見えることはなさそう。袖は長いんですけどリブにちゃんと溜まってくれます。そして、細、ワイド、ストレートのパンツで合わせてみましたが見え方は様々。お好みのスタイルに合わせてパンツのシルエットを変えてみると楽しいですね。個人的にはストレートのパンツで合わせたいです(去年も同じこと言ってる)。

足元

こちら22awから仲間入りしたHARROGATE。かなり気に入っておりまして購入させていただきました。革靴のサイジングは難しいので是非店頭に見に来ていただきたいです。コスパ抜群っていう言葉の響きはあまり好きじゃないんですがこれはホントにそう言えるやつですよ。詳しくご紹介する機会があればまたブログを書くかもしれません。

 

さて今回も長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。他にも新作が入荷しておりますので秋冬へ向けたアイテムを探しに是非遊びにいらしてください!オンラインショップにも掲載しているので遠方の方はこちらから。それでは~

執筆者キクチのインスタです。
更新頻度はイマイチですがまったりとやってます。


 

Diffusion | ディフュージョン
〒510-0885 三重県四日市市日永5丁目12-16 HIGANA
(最寄り駅:JR関西本線-南四日市駅より徒歩10分 近鉄内部線-泊駅より徒歩5分)
営業時間 [12:00-20:00] 定休日 [火・水曜 ※祝日は営業]
TEL:059-349-6814
E-mail:shop@diffusion.jp

 

[ オンラインショップ : https://shop.diffusion.jp/ ]
[ インスタグラム : https://www.instagram.com/diffusion_mie/ ]
[ フェイスブック : https://www.facebook.com/Diffusion.nest ]

 

 

 

Avatar photo
岩手→新潟→三重 古着好き、NBAも好き 仙台育英さん東北に優勝旗をありがとうございます。 https://www.instagram.com/_tsuchitsuchi_tm/
先頭に戻る