Paraboot | パラブーツ

paraboot_brand_profile

 

Brand.

Paraboot | パラブーツ

 

Concept.

登山靴のエッセンスと、天然ラバーソールの融合から誕生した街履き靴の老舗パラブーツ。

 

パラブーツを展開するリシャール ポンヴェール社は、

1908年、アルピニストたちが集まるフランス東部の町イゾーで、

レミー・リシャール・ポンヴェールが開いた小さな靴工房から始まりました。

 

当時から山岳労働者向けの靴を積極的に製作し、

瞬く間に登山靴のリーディングメーカーへと成長したRP社は、

1927年、ブラジルのパラ港から出荷される良質な天然ラテックスを輸入し、

ラバーソールの自社生産を開始します。

 

レミーはその自社製ソールを使い、

登山靴のエッセンスも取り入れたタウンシューズの新しいブランドをスタート。

それがパラ港にちなみ命名された「パラブーツ」でした。

 

歴史と伝統あるパラブーツは、

今日も変わらず皆様の足下をサポートし続けています。

 

Invest in your walk ~Parabootが提唱する価値ある歩き~

歩くための道具に留まらず、それ以上の価値を提供すること。

それがパラブーツの企業理念「Invest in your walk=価値ある歩き」です。

その「歩き」とは、単に「歩く」ことのみならず「人生をともに歩む」ことも意味しています。

 

タウンシューズながら、パラブーツの多くのモデルは、実は登山靴がルーツ。

例えば、定番商品の「シャンボード」は、ビジネスにも対応できるモデルながら

技術的に極めて難度の高い登山靴向けの「ノルヴェイジャン製法」を、

また、登山靴風の「アヴォリアーズ」では、

そのノルヴェイジャンに同じく登山靴仕様の「ステッチダウン製法」を組み合わせた

非常に手の込んだ製法を採用。

 

結果、ともにタウン用の靴にはオーバースペックに思えるほど

堅牢な仕上がりとなり、しかも履き込むほどに心地よく足に馴染みます。

また、両モデルともに山岳救助隊の靴用に開発された木型が使われているため、

足へのストレスが少なく、長時間履いても疲れにくいのも特長です。

 

しかもソールには天然ラテックスからなるオリジナル製を使用。

濡れたタイル上でも滑らず、大変クッション性に富み、擦り減りにくく型くずれしにくいばかりか、

ソール交換も可能なので、末長く履き続けることができます。

 

このようにタウンユースでありながら、

厳しい自然環境にも対応できる登山靴由来の作りやフォルム、

素材などが生かされたパラブーツの靴は、

履きやすく、機能的で、雨や雪に強く、堅牢な実用靴。

 

日常にはもちろんのこと、たとえば旅の1足としても信頼して履いていただけます。

加えて普遍的なデザインなので流行に左右されず、年齢を問わない点も魅力的です。

 

少々高価に思われるかもしれませんが、

あなたともに人生を末長く「歩む」ことのできるパラブーツの靴は、

きっとお値段以上の「価値ある歩き」をご提供できることでしょう。

 

Paraboot|パラブーツ 通販