MARKAWARE | RIB MOCKNECK SWEATER

MARKAWARE | RIB MOCKNECK SWEATER #NATURAL BLACK

□Fablic Traceability | ファブリックトレーサビリティ

素材名 : ナチュラルカラーファインアルパカ
品質 : アルパカ100%
原料原産地 : ペルー
紡績 : 東和毛織

□DESIGNER EXPLANATION | デザイナー解説

南米アンデス山脈の3,500m~5,000mの湿潤高原地帯に生息する
ラクダ科ピクーニャ属、ラマ属に属する家畜アルパカ。

6千年以上前からインカ帝国などで飼育され、毛は衣料品などに使われてきました。
アルパカは他の同程度の動物と比べると少ない食事の量でよく、環境負荷の少ない動物です。
アルパカの毛は光沢感があり、シルキー。そして羊毛より暖かく、チクチク感が少ないという特徴があります。
さらに毛玉になりづらく、耐久性が高いので、ペルーなどでは孫子に伝える衣料として永く使用されています。

アルパカはもともと36色の毛色に分類される豊富な色のバリエーションを持つ動物です(現在は22色に分類)。
1950年代までは様々な色のアルパカがバランス良く出荷されていましたが、
1960年代にアーノルドパーマーのゴルフカーディガンが大人気になると、
原色に染めることが出来る白に人気が集中しました。

その結果、ブリーダーは白を好んで育てるようになり、その後の10年で90%が白になってしまいました。
特にブラックアルパカはアルパカ全体の飼育数の0.01%にまで減少しました。

今シーズン、その希少なブラックアルパカを探し、残っていた原毛を全て買い取りました。
限りなく黒に近い色合いが美しい毛です。そして、もう一色はチョコレートカラー。
ダークブラウンにケンピの白が混じった美しい色合いです。

– – – – – – – – – –

□PRODUCT DETAIL
NATURAL COLOR FINE ALPACAを使用したMARKAWAREのセーター。生地にはナチュラルカラーが美しいアルパカを原料としたナチュラルなムラ感のある糸を用いて片畦編みで時間を掛けてゆっくりと、丁寧に編み立てたナチュラルカラーファインアルパカニットを使用、しっかりとした肉感がありながらもふっくらと柔らかくて弾力性に富み、厳寒期にも十分な暖かさを確保してくれる素材です。ネックラインは太めのリブ幅で高さのあるモックネック仕様、ネックラインと袖先、裾は同素材で丁寧に編み立てたリブニットに切り替えています。着用した際のシルエットは肩周りや身幅、袖幅にゆとりを持たせ、着丈でバランスを調整したゆったりとしたリラックスした印象のシルエットに仕上がっています。

□SIZE SPEC
【1】身幅54.0cm 胴幅52.0cm 裾幅45.0cm 着丈65.0cm 肩幅46.0cm 袖丈59.0cm
【2】身幅56.0cm 胴幅54.0cm 裾幅47.0cm 着丈67.0cm 肩幅47.0cm 袖丈61.0cm
【3】身幅58.0cm 胴幅56.0cm 裾幅49.0cm 着丈69.0cm 肩幅48.0cm 袖丈63.0cm

□QUALITY
NATURAL COLOR ALPACA100%

□PRODUCT CODE
A17C-04SW02C

 

 

>> MARKAWARE 通販

>> MARKAWARE 入荷情報

>> MARKAWARE ブランド紹介