【 Phlannel / ETHOS / MARKAWARE / THE NORTH FACE PURPLE LABEL / Indian Jewelry 】

暗いトーンになりがちな秋冬のコーディネートですが、トップスを白色にすることで一気に全体の雰囲気を軽やかにしたスタイリング。インナーのニットやスウェット、シャツなどを白色にすることはありますが、アウターを白色にするのは少し挑戦しづらい。ETHOSのこのニットは裾の白ラインや、編み目によるインナーのチラ見えで白いアウターを合わせても違和感なくまとめてくれるそんなアイテムです。...

【 CCU / SOLARIS HATMAKERS & Co. / Ets.MATERIAUX / PHIGVEL MAKERS & Co. / Indian Jewelry 】

寒くなってきましたね。BLOGでご紹介したCCUのアイテムをアウターとして使ってみました。ロングシャツにワイドパンツ。この合わせはスタイル悪く見えてしまいそうですがSOLARISのドレスシャツにはピンタックが入っており、縦のラインをシュッとさせてくれますし、CCUの短い丈のシャツブルゾンを合わせることでバランスが取れたスタイリングに。...

【 MARKAWARE / KIJI / HARROGATE / Indian Jewelry 】

新規取扱ブランド「HARROGATE」のプレーントゥに細めなボトムスを合わせて、レギュラーカラーシャツにブレザーを羽織る。ゆとりのあるサイズ感でフォーマルっぽい雰囲気にならないジャケットスタイル。おじさんっぽくなるのもかっこいいですが、今回はそうならないようにサイズ感や色味に気を付けたところがポイント。...

【 marka / Ets.MATERIAUX / THE NORTH FACE PURPLE LABEL / Indian Jewelry 】

白×黒×グレーの3色で落ち着きある大人なスタイリングを組み、シンプルの中にサイズ選びや着こなしで一捻り加えました。markaのMINIMALIST CARDIGANをワンサイズアップしてサイズ2を着て、インナーで着ているEts.MATERIAUXのBODERバスクシャツを羽織っているカーディガンごと腕捲り。暗いトーンのボトムスだと重たい雰囲気になるので明るいカラー、且つシンプルでまとまりあるカラーをと思いグレーを合わせてます。寂しくなる手元はゴツめのリングとブレスレット。足元はスポーツサンダルなのにすっきりとしたデザインであるTHE NORTH FACE PURPLE LABELのサンダルで抜け感をプラスしました。...

【 Phlannel / PHIGVEL MAKERS & Co. / 山内 / Indian Jewelry 】

全身真っ黒かと思いきや、トップスの「Phlannel|COTTON LINEN SEED STITCH SKIPPER POLO」は実はグレーで、ボトムスの「山内|ノーミュールシングウール/パジャマパンツ」は実はネイビー。暗いトーンでも微妙に色が違うだけで全体の雰囲気は重たくなりすぎない。そこにPHIGVELのボーダーTでアクセントを付けて遊び心あるスタイリングに。ボーダーをインナー使いするのもありだと改めて気付かせてくれた、そんなスタイリングです。...

【 Ets.MATERIAUX / ETHOS / THE NORTH FACE PURPLE LABEL / Indian Jewelry 】

夏は爽やかなカラーが映えますが、夏でも暗めなトーンの洋服も着たい、そんな気持ちからこのスタイリングを組みました。色の合わせが若干男臭くなってしまいましたがそれが渋くて好き。それが苦手な方は白Tでも問題無く合いそうですね。ボトムスはTHE NORTH FACE PURPLE LABELの定番素材「COOLMAX® オーガニックコットンツイル」。夏場でもサラッと涼しく快適で、シルエットも文句なしの綺麗なシルエット。個人的に今まで展開ある型の中でこのカーゴパンツが一番好きかもしれません。...

【 OLD JOE BRAND / PHIGVEL MAKERS & Co. / Indian Jewelry 】

ブラウン、ベージュ、ホワイトの掛け合わせが個人的(フジイ)にすごく好みで、そんな好みを盛り込んだスタイリング。昨シーズン人気でしたPHIGVELのボーダーTは今シーズンも良い配色。そこにちょっと個性的なOLD JOEのベストでアクセントを。サイズ大きいですが意外と小柄な方でも着れるのでベスト好きな小柄体型の方、おすすめです。もちろんそうじゃない方にも。...

【 MARKAWARE / KIJI / PHIGVEL MAKERS & Co. / Indian Jewelry 】

先日BLOGでもご紹介しましたKIJIの”COTTON HEMP DENIM”。腰回りはゆとりがあり、裾にかけてテーパードがかかっている細身なシルエットがジャケットスタイルにぴったり。インナーのシャツは無地ではなく、あえて柄物を合わせて個性あるスタイリングに。シャツインでもシャツアウトでも着ることが出来るMARKAWAREのシャツはかなり万能です。シーズンによって生地も変わってくるので何着も買ってしまいそう。...

先頭に戻る