Authentic Flight Jacket.

markawarema101

 

markawarema102

□ MARKAWARE | MA-1 – 66 NYLON TWILL

 

表地はMARKAWAREの定番素材としてずっと使い続けている
オリジナルの「66ナイロン」ツイル。この生地について少し説明いたします。

66ナイロンは1935年にデュポン社によって開発されたポリアミド合成繊維ですが、
その糸をアメリカより輸入し福井県の機元で織っています。
経(たて)には70デニール、緯(よこ)には200デニールの糸を使った
高密度な3/1ツイル(経糸が緯糸3本の上を通った後、緯糸1本の下を通るようにしてつくる綾組織)で、
仕上げに熱と圧を加えて防風性を高めています。
多くのブランドで使用されているナイロン地はより一般的な「6ナイロン」ですが、
それらと比べるとこの66ナイロンはより柔らかくシルキーな風合いが特徴で、
製品にした時の雰囲気の良さを感じてもらえると思います。

使用している附属類にもこだわりが詰まっています。
カフス口・裾・衿に使用しているリブは群馬県桐生市のニッターさんで糸から作ったウールリブ。
袖口は実物に倣って古い靴下編み機を使用した丸編みで、ぐるり一周はぎがありません。

ドット釦も別注で作っています。釦裏の刻印まで再現して、マットブラックのダールメッキをかけています。
メッキ皮膜が少しずつ削られ下地の真鍮色が見えてくるまで着込んで頂きたいアイテムです。

縫製はナイロンフライトジャケットを縫うならここ以外は考えられない桐生の明仙縫製。
戦後間もなく米軍駐留兵向けのスーベニアジャケットを縫い始めた
お母さんから工場を引き継いだ明仙さん兄弟が運営しています。
レプリカブームを支え、今も多くのミリタリーアイテムを縫う信頼の工場です。

MARKAWAREのナイロンフライジャケットは全てこの工場で縫っています。
MARKAWAREを象徴するアイコニックな存在のナイロンフライトジャケット。

そのこだわりと着心地を是非ご確認下さい。

 

 


 

 

markawarema103

 

ナイロンらしい丈夫さ、耐久性。

ナイロンらしからぬシルキータッチな質感と艶。

MARKAWAREがオリジナルで製作している66ナイロンツイルでしか成しえない素材。

 

ゆったりとしたオーセンティック且つリラックスして着られるシルエット、

MA-1らしい丸みが男心をくすぐる。

 

いくつになっても着続けていたい、

大人の男の為のオーセンティックな一着。

 

 

 

[MARKAWARE | マーカウェア]

https://shop.diffusion.jp/?mode=cate&cbid=478841&csid=0